最新情報

【交通事故】保険会社から整骨院通院を認められない場合

こんにちは。

横浜市・旭区の交通事故治療専門院のいっぽ整骨院です。

今回は

・交通事故によるケガで整骨院の治療を受けたい

・深夜まで営業をしている整骨院で治療を受けたい

・自賠責保険を使った質の高い治療を受けたい

・筋肉のマッサージ治療だけではなくて歪みもなくして根本的に改善したい

 

だけど整骨院の通院を保険会社が許可してくれない!その際の解決方法について解説していきます。

 

整骨院の通院を許可しない?どういう事。

交通事故でケガを負った際、どこかしらで治療を受けなければなりません。現在日本で保険を使用して交通事故の治療を受ける場所は整形外科か整骨院に限られます。

整形外科と整骨院では治療方法も資格内容も異なってきますので分かりやすく説明していきます。

 

整形外科

整形外科は医師が診察・治療をする医療機関で患者様の状態を問診・触診にて診察します。多くの患者様はレントゲンやMRIなどの画像所見にて骨の損傷の有無を確認して骨にヒビが入っている骨折であればギブスや包帯固定をして骨の癒合を待ちます。

骨には異常がない場合は筋肉の損傷や関節の炎症、神経の炎症による痛みの可能性が強いので整形外科ではシップや飲み薬の処方で改善を図ります。

多くの整形外科は18時で閉まる所が多く待ち時間も長いので患者様が継続的に通院するのは非常に困難と言えます。

 

整骨院

整骨院は柔道整復師という国家資格を持つ治療家が運営する施設で主にマッサージやストレッチなどの手技で施術をする所が多いです。レントゲンなどの画像を撮る事は出来ないので当然、診断が出来ないので診断書も発行できません。

なので交通事故によって〇〇の箇所が怪我をしているという診断は整形外科のみの判断となります。

ただ、整骨院は比較的夜遅くまで営業している所が多く予約制をとっている所も多いので患者様が継続的に通院しやすい環境を整えています。

 

 

話は戻りますが、保険会社が整骨院通院を許可しないという事はどういう事なのか話していきます。

保険会社も利益を追求する会社ですので基本的には被害者への補償を出来るだけ少なくするというのを考えています。

なので整骨院へ過剰に通院してしまうと治療費や通院による慰謝料の補償額は増えてしまいます。そうなると保険会社担当者の成績がダウンするという仕組みになってしまいますのであまり通院させたくないというのが本音なのです。

 

その為、患者様が整骨院に通院したいといってもいろいろな理由をつけて行かせないようにしてきます。

具体的な文言としては

『整形外科医の許可がないと認めません』

『当社(保険会社)は整骨院の通院を基本的に許可していません』

『今回の事故ではケガをするほどの事故ではないので認めません』

などいろいろな理由をつけて整骨院での通院をさせないようにしてきます。

 

当院では他院にはない解決策を持っています。

一般の整骨院では保険会社から許可できないと言われた際は鵜呑みにするしかないですが、交通事故治療を専門にしている当院は違います。

それは整形外科との提携なのです。

 

実はこの整形外科と整骨院の提携。一般的にはありません。おそらく全国的にも整骨院が整形外科と提携させて頂いているのは1割ほどだと思っています。

当院はその1割に含まれており、以前、整形外科の上の整骨院で勤務をしていた馴染みがあり今でも多くの交通事故患者様を診て頂き、当院での治療の同意書を頂いています。

 

保険会社も医師の同意書があるならと当院での治療の許可を頂いています。

 

このようにスムーズに治療を受けられればなんの問題もないですが、トラブルが多くなると精神的な負担が強くなり症状改善のスピードも遅くなります。

交通事故は一般のケガとは違い、症状の強さも治療期間も長くかかる事が多いのでお困りの場合は専門院のいっぽ整骨院までご相談ください。

深夜23時まで営業しています。

 

動画もありますのでよければご覧ください。

院の基本情報

名 称 いっぽ整骨院
代表施術者 荒井太郎(柔道整復師)
住 所 〒241-0836 神奈川県横浜市旭区万騎が原138-25
電話番号 045-298-9369
営業時間 月~金 ▶︎ 15時~23時
土 ▶︎ 9時~12時
定休日 土曜午後・日曜・祝日
施術内容 交通事故治療、肩こり、腰痛、坐骨神経痛、頭痛、腱鞘炎、 捻挫施術の一般的な診療、腱鞘炎