坐骨神経痛

こんなお悩みはありませんか?

  • 最近、足に痺れが出てきた
  • 整形外科で『坐骨神経痛』と診断されたが湿布の処方のみで根本的に治療してくれない
  • シビレと痛みが強く夜も寝れない
  • 長時間座ってると足が痺れてくる
  • 坐骨神経痛を根本的に治療してくれる医療機関を探している

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛は腰部、仙骨部から足先にかけて走ってる『坐骨神経』が炎症を起こして強い痛みやしびれを発症する疾病です。原因は大きく分けて3つに分かれます

・ヘルニアや脊柱管狭窄症の合併症によるもの
・歪みによるもの
・筋肉の硬さや衰えによるもの


ヘルニアや脊柱管狭窄症の合併症によるもの

これによる坐骨神経痛は重症化しやすくシビレも強くなり日常生活に大きく障害が出ます。これによる坐骨神経痛は片側どちらかのみに症状が出るのが特徴的で稀に両足に症状が出る場合は脊柱管狭窄症の可能性があります。

歪みによるもの

重労働による腰痛や産後による骨盤の歪み、生活動作の癖やデスクワークなどで長時間座位の状態が続くと筋肉の深い箇所にある坐骨神経の負担が増し坐骨神経痛を発症します。

職業的にはタクシードライバー、常に重いものを持つ仕事の人、長時間のデスクワークの人がこれによる坐骨神経痛になりやすい人です。

筋肉の硬さや衰えによるもの

歪みによるものとほとんど同じですが高齢者による坐骨神経痛がこれに当たります。

高齢者になると足周りの筋力が低下します。更に腰部から背中周りの筋力も低下する事によって身体が前傾姿勢になるのでお尻周りの筋肉が支えきれなくなり坐骨神経痛の症状が出ます。

これら上記の原因があると体の片側にかかる負担が増して坐骨神経が炎症を起こして症状として現れます。

更に周りに付随しているハムストリングス、大殿筋、中殿筋、梨状筋というお尻から足まわりの筋肉が緊張を起こすと膝痛、強度の腰痛が発生して長時間の歩行や座位、動き始めなどの生活動作が支障を起こし炎症度合いによって出来る事に制限が起こります。

重症化すると歩行時痛を伴うなどして日常生活にも大きく支障が出ますのでお尻から足先までの軽いシビレ、違和感などが出たら早期にいっぽ整骨院で施術していく事をお勧めします。

症状

  • お尻から足にかけてのシビレ・痛み
  • 安静にしても足先にかけて痛みが出る
  • 体を前かがみにすると痛みが増強する
  • 腰痛
  • 長時間歩くと痛みが出て休むと痛みが治まる

いっぽ整骨院の治療法

当院では坐骨神経痛に対して主に手技療法で施術を行っています。

歪みを矯正し、仙腸関節の可動域を改善させていく事で体の使いやすさが増して炎症起こしている坐骨神経痛が緩和してきます。

特に当院の独自施術である即効関節矯正法は関節の詰まりを改善させ歪みも正すので坐骨神経痛の症状が減るだけではなく腰痛症状の減少、痛みが出にくい体作りをする事が出来ますので坐骨神経痛でお困りの場合は是非、当院の施術を受けてみてください。

院の基本情報

名 称 いっぽ整骨院
代表施術者 荒井太郎(柔道整復師)
住 所 〒241-0836 神奈川県横浜市旭区万騎が原138-25
電話番号 045-298-9369
営業時間 月~金 ▶︎ 15時~23時
土 ▶︎ 9時~12時
定休日 土曜午後・日曜・祝日
施術内容 交通事故治療、肩こり、腰痛、坐骨神経痛、頭痛、腱鞘炎、 捻挫施術の一般的な診療、腱鞘炎