脊柱管狭窄症

こんなお悩みはありませんか?

  • 長時間歩くとすぐに腰が痛くなる
  • 歩いても腰が痛くならないようにしたい
  • 前屈をすると腰が痛くなる
  • 病院で脊柱管狭窄症と診断されたが症状を根本的に改善したい
  • 手術はしないで保存療法で治療をしたい

このような脊柱管狭窄症のお悩みがありましたら横浜市旭区・二俣川・鶴ヶ峰・希望ヶ丘近くのいっぽ整骨院までご相談下さい。

脊柱管狭窄症とは?|横浜市旭区・二俣川・鶴ヶ峰・希望ヶ丘近くのいっぽ整骨院

脊柱管狭窄症とは脊髄が通っている脊柱管という管が通常より狭くなり神経・血管が圧迫されて炎症を起こ腰から足にかけて強い痛み・痺れを起こす疾病です。

多くの場合、加齢によって発症する事が多く特徴的な症状として間欠性跛行と呼ばれる症状が出ます。

間欠性跛行

間欠性跛行は脊柱管狭窄症による代表的な症状であり長時間歩くことによって腰~足にかけて走っている神経が圧迫・炎症を起こして歩けなくなります。そして休憩してまた歩きますがまた腰が痛くなり休憩。それを繰り返すことが間欠性跛行と呼ばれています。腰痛と呼ばれるのはヘルニアだったり腰椎分離症と呼ばれるものもありますが、この間欠性跛行が出る場合は高い確率で脊柱管狭窄症になってる場合が多いです。

脊柱管狭窄症の原因|横浜市旭区・二俣川・鶴ヶ峰・希望ヶ丘近くのいっぽ整骨院

年齢を重ねていく事によって背骨を支えている椎体と椎体が圧縮されて脊柱管が狭くなることが原因です。なので脊柱管狭窄症の症状を持った多くの人は60代以降の高齢者になります。筋力不足・運動不足・長時間同じ姿勢・重労働や交通事故による後遺症や腰椎圧迫骨折からの二次的症状でも発症するのが原因と言われています。

脊柱管狭窄症を放置するとどうなるのか|横浜市旭区・二俣川・鶴ヶ峰・希望ヶ丘近くのいっぽ整骨院

脊柱管狭窄症による痛みが強くない人は多くいます。その為放置をしても何とか日常生活を送れる人もいるので放置をするケースもあると思いますが症状が進行すると仰向けになっても腰の痛み・足のシビレ・横向きで背中を丸めないと寝れない、排尿や排便が困難になり日常生活に大きな支障が出る場合はあります。

更に間欠性跛行による症状も進行して歩ける距離も徐々に短くなります。そうなると仕事や趣味による外出による制限も出るのでちょっとした違和感でも横浜市旭区・二俣川・鶴ヶ峰・希望ヶ丘近くのいっぽ整骨院で診察を受ける事が大事になってきます。

当院の脊柱管狭窄症の施術方法|横浜市旭区・二俣川・鶴ヶ峰・希望ヶ丘近くのいっぽ整骨院

横浜市旭区・二俣川・鶴ヶ峰・希望ヶ丘近くのいっぽ整骨院では『背骨・骨盤矯正』『整体』『全身筋肉調整』などを組み合わせて痛みや痺れによる脊柱管狭窄症の根本改善をする施術を行っていきます。

脊柱管狭窄症でお困りの場合は深夜23時まで診療しているいっぽ整骨院までご相談ください。

院の基本情報

名 称 いっぽ整骨院
代表施術者 荒井太郎(柔道整復師)
住 所 〒241-0836 神奈川県横浜市旭区万騎が原138-25
電話番号 045-298-9369
営業時間 月~金 ▶︎ 15時~23時
土 ▶︎ 9時~12時
定休日 土曜午後・日曜・祝日
施術内容 交通事故治療、肩こり、腰痛、坐骨神経痛、頭痛、腱鞘炎、 捻挫施術の一般的な診療、腱鞘炎