四十肩・五十肩

こんなお悩みはありませんか?

  • 整形外科に行ったが飲み薬の処方のみでリハビリをしてくれない
  • 仕事が深夜帯まであるので継続的に通院できる医療機関を探している
  • 夜中に肩が痛む
  • 腕を上げる事が出来ない
  • 痛みはないが肩の可動域を上げる治療院を探している

四十肩・五十肩とは?

正式名称は『肩関節周囲炎』と呼びます。その名の通り肩関節の周りが炎症を起こすことによって強い痛みを発症する疾病です。四十代・五十代に発症しやすいのでこの名がついていますが、実際には30歳代や60歳代でも発症します。

痛みだけではなく違和感や肩関節可動域制限が著明に表れ重症な人では腕をちょっとでも上げたら激痛が走るので日常生活に支障が出ます。

また整形外科にいっても飲み薬を処方されるだけでリハビリはしてくれません。

肩関節周囲炎は左右同時に発症する事はほとんどありませんし、私自身16年間この業界にいますが見たことはありません。しかし多いのは『左を発症して治ったら今度は右が発症した』という形で別々な時期に発症する事が多いです。

発症原因は医学的には解明されていませんが個人的な見解では歪みによって左右の肩関節に負担が強くかかり肩関節周りが強い炎症が起きると考えています。

四十肩・五十肩の症状

大きく分けて3段階に分けて症状も変化します。

1. 炎症期

発症する最初の段階で強い炎症が出る時期で一番痛みが強く出ます。この時期でのリハビリはあまり積極的には行わず冷湿布・飲み薬によって炎症を早く引かせるのが一番の治療になります。

2. 拘縮期

炎症が収まったらこの拘縮期に移行します。痛みはある程度引きますが肩関節周りが硬まり『腕が上がらない』『重いものが持てない』など日常生活に強く支障が出てこの拘縮期が一番長い期間になります。

なのでこの期間にどれだけリハビリ・施術に重点が置けるかによって治療期間に大きく差が出ます。

3. 回復期

肩関節周りの可動域も徐々に緩和して日常生活でも出来る事が増えてくると一気に良くなるペースが早くなります。ただしこの段階でのリハビリに手を抜くと完治はせず慢性化した肩こりや違う箇所に症状が出てしまう可能性がありますのでくれぐれも自己判断しない事が大事になってきます。

当院の四十肩・五十肩の治療

段階に応じて治療方法は異なりますが一番のポイントは拘縮期にどれだけ積極的にリハビリをしていくかによって治療期間が大きく変わってきます。また当院だけの施術だけでは不十分ですので自宅でも簡単に出来るセルフケアを行う事によって良くなるスピードも変わっていきますので日々の動きをチェックさせて頂き指導させて頂きます。

四十肩・五十肩の治療期間は症状によって治療期間が大きく異なり軽症の場合ですと半年ほどで完治しますが重症化すると3年ほどかかります。

この治療期間は適切に治療・リハビリをする事によって大きく短縮させる事が出来ますのでお困りの場合は当院までお問い合わせください。

院の基本情報

名 称 いっぽ整骨院
代表施術者 荒井太郎(柔道整復師)
住 所 〒241-0836 神奈川県横浜市旭区万騎が原138-25
電話番号 045-298-9369
営業時間 月~金 ▶︎ 15時~23時
土 ▶︎ 9時~12時
定休日 土曜午後・日曜・祝日
施術内容 交通事故治療、肩こり、腰痛、坐骨神経痛、頭痛、腱鞘炎、 捻挫施術の一般的な診療、腱鞘炎