テニス肘

こんなお悩みはありませんか?

  • テニスをすると徐々に肘が痛くなる
  • 飲み薬や湿布ではなくて根本的に治したい
  • 肘だけではなくて肩や背中周りも痛くなってきた
  • タオルをしぼると痛みが増強する。
  • 肘のマッサージだけではなくて歪みの矯正や肩周りからしっかりほぐしてほしい

テニス肘とは?

テニス肘とは肘の外側が痛くなる疾病であり、テニスを頻繁に行う人がなりやすいですが、家事や仕事をしていても発症する事があります。

正式名称は外側上顆炎と呼び、手首を頻繁に使用する事によって肘から手首にかけて走っている前腕伸筋が炎症を起こして肘に痛みが出るものです。

症状

手首を酷使する事によって発症しやすいですが、それ以外にも肩関節の可動域制限や背骨にある椎間関節の可動障害、上腕三頭筋の筋肉の硬さによって肘に負担が強くなり痛みが出るケースもあるので患者様の症状によって治療方法も変わってきます。

いっぽ整骨院での治療

テニス肘は痛みの箇所を揉んだり、電気治療するだけでは改善しません。

患者様の診察をしてそれが手首の関節可動域障害からくるものなのか、肩関節の動きの悪さが原因なのか、筋肉の硬さが原因なのかを診察で見極めて治療方針を決めていきたいと思っていますが、当院の基本的な治療方法は手技療法なので『手』を使って症状をより良き方法に導いていきたいと思っています。

マッサージ治療

関連する箇所のマッサージ治療をしていきます。

肘まわりは当然ですが、肩甲骨周り、背骨回り、手首まわりを手技で施術して体全体で使いやすくして肘にかかる負担を軽減させます。

即効関節矯正法

歪んでる骨盤や背骨、詰まってる手関節や肘関節、肩関節、背骨の椎間関節を矯正して体を使いやすくするようにアプローチしていきます。

電気治療

肩関節、肘関節周りを中心に関連する箇所の電気治療をしていき、血流を促進させます。電気治療は硬くなってる筋肉に刺激を与えて緩ませる効果があります。

テニス肘の予防法

当院で施術して症状を改善させていく事はもちろんですが、テニス肘は使い過ぎによって発症する疾病です。自分自身でもセルフケアをする事によって痛みの増強を防ぐことが出来ます。

輪ゴムを使ったリハビリ

・輪ゴムを指の外側にかけて開閉します。

・各指に輪ゴムを引っ掛けて指を各方向に動かす

 

院の基本情報

名 称 いっぽ整骨院
代表施術者 荒井太郎(柔道整復師)
住 所 〒241-0836 神奈川県横浜市旭区万騎が原138-25
電話番号 045-298-9369
営業時間 月~金 ▶︎ 15時~23時
土 ▶︎ 9時~12時
定休日 土曜午後・日曜・祝日
施術内容 交通事故治療、肩こり、腰痛、坐骨神経痛、頭痛、腱鞘炎、 捻挫施術の一般的な診療、腱鞘炎